記事一覧

あみだくじは光

何人かいて悪いこともいいことも一人に決めなくてはならない時に簡単に決める方法として登場してくるのがじゃんけんかあみだくじとなります。なぜ、幾ら横線を引いても必ず1体1の対応になるのか当りの位置でどこを引けば一番確率が高いのかなど、数学的に説明できるようですがそれはそれとして、結構わくわくしながら楽しむことができますね。あみだくじの起源は、室町時代にさかのぼるようで、現在では平行に縦線を引きいくつか...

続きを読む

二河白道

極楽浄土への道は厳しい。浄土教では、二河白道という概念ででその道を示し、信心の必要性を説いた。白道は東から西への道その道は灼熱の火の河と荒れ狂う水の河に挟まれた細い道この道に直面し、後ろからは獣が襲ってくる。邪心を払い信心をもって、この細い白道を渡って西にある阿弥陀仏の浄土へ行くしかない。信心を持てば、到達することができる・・・という教え⇒龍谷大学追い詰められ進退窮まった時、何をもって次の行動に移...

続きを読む

お寺の掲示板

人口の減少やそれに伴う檀家の減少、葬儀やお墓に対する考え方の変化など仏教やお寺にとっては逆風が吹いています。仏教に対してもそれほど関心もなく、お寺離れも進む中、もっと興味を持ってもらい身近に感じてほしいとの願いから、昨年からお寺の掲示板なるものが登場しています。このコンテストはお寺の掲示板で気に入ったものがあれば、それを撮影して投稿するものですが、今まで通り過ぎていただけのお寺の掲示板の前で立ち止...

続きを読む

七宝・・・極楽浄土b世界

七宝焼きという工芸品があります。金属を素地として、その上にガラス質の釉薬を焼き付けしたものです。今年令和になって天皇皇后両陛下が訪れたあま市七宝焼アートヴィレッジにある高さ152.0cmという大きな作品「間取り花鳥文大花瓶」⇒あま市七宝焼アートヴィレッジ西洋ではエナメルといいます。エナメル作家土田善太郎氏による「クリムト七宝焼き」⇒valuepress七宝」は仏教の七つの宝から来ています。極楽浄土や仏国土の荘厳さを...

続きを読む

供養

供養はサンスクリット語のプージャが原語で意味は、「相手を敬い、丁寧にもてなすこと」(サンスクリット語は、古代インドの言語で、完成され、洗練された語という意味で、釈迦の時代においても、文献で多く用いられています)プージャはヒンズー教において、家庭などの日々の礼拝のことです。仏教にある三宝や祖先など亡き人のためにお供えをし、敬うことが供養です。三宝とは、「仏・法・僧」「仏」・・・悟りを開いた仏「法」・...

続きを読む

プロフィール

おもいや

Author:おもいや
<真山>(しんざん)線香
<山念>(やまねん)数珠
関西中心の百貨店店舗あさん堂
あさん堂オンライショップおもいや
日本製、天然材料にこだわった品質と安心の商品
日本の文化や心を大切にしていきたいですね。

おもいやショップサイト

あさん堂オンラインショップ

数珠と線香のお店


カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

あさん堂の百貨店店舗

気軽に立ち寄って下さい

あさん堂店舗

おもいや商品

山田念珠堂facebook

おもいやの数珠は山田念珠堂の 製作です。 日頃の仕事の様子や、展示会情報など
山田念珠堂facebook

アルバム

数珠ブレスレット