記事一覧

八十八夜 お茶

立春から数えて八十八日目を「八十八夜」といい例年なら5月2日となりますが、今年はうるう年で5月1日です。春から夏へ季節の変わり目を示す日本独自の雑節のひとつです。「八十八夜の別れ霜」という言葉あるように、このころに遅霜が発生することがあり、この時の遅霜が最後の霜となるという意味です。これから、気候も安定し夏が始まるころという季節の言葉が八十八夜ですね。それにしてもどうして八十八日ではなく夜なんでしょう...

続きを読む

寒中

1月6日は季節の区切り小寒今日から20日の大寒を通り過ぎて2月8日の立春の前の日までが寒中と呼ばれる期間です。今日は寒中に入る日ですから「寒の入り」と呼ばれます。寒中の期間は、寒いからこそできることが行われます。酒や味噌、醤油などの寒仕込み雑菌などの繁殖が少なく、仕込むにはいい時期となります。⇒まいぷれ寒中見舞いは、喪中ハガキをもらって年賀状を出さない場合や、うっかり年賀状を出し忘れたりした場合に、送る...

続きを読む

冬至 一番長い夜

12月22日 冬至1年で最も夜が長い日陽が出てすぐに昼というわけではないのですが日出から日の入りまでを昼と呼べば、そういうことになります。大阪の12月22日の日出の時間は、7時1分、日の入りが、16時51分「もうこんなに暗くなって・・・・」と思いますね。昼が最も長い夏至の時間を見てみると今年の夏至は6月21日ですので日出 4時45分日の入 19時14分昼の時間は、14時間29分5時間弱の差ですね。随分違います。冬至は、太陽が一...

続きを読む

12月

1年の最後の月になりました。年々時間が早く過ぎるように感じるけれど、時間が早くなったわけではなく、12月になれば自然と1年を振り返るので、そう感じる自分がいるだけなのでしょうが、「あっという間の1年」は毎年の常套句です。12月のメインイベントはクリスマスツリーと除夜の鐘何とも言えない組み合わせです・・・■ 12月呼名 師走・・・師が走れば、弟子もじっとしていられません。だから全員走るのです・・・・・? ほか...

続きを読む

衣替え

一般に衣替えは6月1日と10月1日季節の変わり目に対応して衣類や持ち物などを変える時期だとされてきました。学校の制服なんかもこの時期に変えることが多いですね。ただ、現代では少しか衣替えの意味が変わってきているような気がします。国が推し進めているクールビズやウォームビズは衣替えに合わせたいわば啓蒙活動ですが、主眼はエネルギーの節約、省力化に貢献する服装を奨励しているようです。冬のウォームビズの主眼は、「...

続きを読む

プロフィール

おもいや

Author:おもいや

おもいやショップサイト

オンラインショップ

数珠と線香のお店


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

おもいや商品

アルバム

数珠ブレスレット